未来の世代のための
環境保護

 

スコットランドと
その先にある
自然情景を守る

Statue Striding Man

地球の自然情景は豊かで活気に満ち、多種多様な生物で溢れています。未来の世代のためにも、この地球を守るため、志が高い団体と協力して、スコッランドや世界にある森林、泥炭地、そして野生生物の保護に取り組んでいます。

Modified Sky
Restore Img01

南米サステナビリティ
プロジェクト

チリではTu Mejor Huella(トゥ・メホール・フエラ)と提携していることに誇りを持っています。志高い環境保護団体でパタゴニアを象徴する情景であるトーレス・デル・パイネ国立公園の5000平方メートルの地形を保全することに情熱を注いでいます。

Restore Img02

泥炭地の保全

英国王立鳥類保護協会 (スコットランド)と共同での取り組みにより、ケアンゴームズ国立公園にある泥炭地を保全し、再生させることで、そこで生息する希少な動植物を守ることができます。

地球上の陸地のわずか3%しか占めていない泥炭地は地球の30%の炭素を貯蔵しています。

 

100万本の木

2025年までにスコットランドに100万本を植林します。

Image Left (2)

スコットランドのハイランド地方にある2つの蒸溜所近辺で森林再生はもう始まっています。38万9千本がすでに植えられています。今後、7万トンの二酸化炭素の吸収が見込まれています。 これは世界一周フライト10,500便、またはロンドン~エディンバラ間を車で50万回近く往復するのと同量です。

Restore1 (1)

スコットランドのハイランド地方にあるバリーゴワン(オーバン蒸溜所近く)とアスト・ルアド(グレンオード蒸溜所近く)での森林プロジェクトでは、ライチョウ、イスカ、キタリスなどの野生動物の貴重な生息地を再生させると 同時に気候変動による悪影響に立ち向かっています。

38万9千本の木をすでに植え、世界一周フライト10,500便分の炭素を吸収しています。

ジョニーウォーカーは自然を再生させ、気候を正常に戻し、生物多種多様性の危機に対策を打ち、そして未来の世代のためにもっと健康な自然環境を作るという、重要な役割を担っている。

スティーブ・ミックルライト、ツリー・フォー・ライフ、最高経営責任者(CEO)

ジョニーウォーカー
サステナビリティの
取り組みについて

 

ジョニーウォーカー
未来に向けて
様々な取り組み