畑からグラスまで
より少ないことは
より豊かなこと

 

2030年までに
ネットゼロ
カーボン
ウイスキー製造を目指します

 

Ginger Db Copy 7 (1)

明るい明日に向けて歩み続けるなか、ジョニーウォーカーは2030年までにウイスキーの全製造工程をネットゼロカーボンとし、直接管理している全ての拠点で100%再生可能エネルギーの使用を目指します。

2X 1

そして、そこで終わりではありません。「グレイン(一粒の穀物)から手にとるグラスまで」 私たちはすべてを精査し、例えば、契約している農家や穀物供給元がいかに新しい取り組みに対応していき、どうすればサステナブル・アグリカルチャー・イニシアチブの権威ある「農業持続可能性評価プログラム」でゴールド認定を受けられるか、などを含め、いかに現状を改善できるかの追求を続けていきます。

Reduce Jp G02 (1) Up1 (1) (1)

リサイクル可能。
再利用可能。

 

Image Left (1)

2025年までに、レッドラベルとブラックラベルのボトルは最低でも60%リサイクルガラスを使って生産されます。

2030年までに、全てのガラスボトルは最低でも60%リサイクル資材を使って生産されます。これらのアクションで1万3千トンの炭素を削減できます。

2X 2

2030年までに梱包で使われるプラスチックや、マーケティング用資材はすべて100%リサイクルプラスチックで作られます。現在、ギフトパックで使われているすべてのプラスチックにはリサイクルプラスチックを使用しています。

REDUCE Gif画像①
生きていく上で、そしてウイスキー造りにおいても、水は最も大切な資源です。製造工程において、私たちのウイスキーの卓越した品質を維持しつつ、使用する水量を20%削減します。

 

ジョニーウォーカー マスターブレンダー、 ジム・ベバリッジ、OBE(大英国勲章叙勲)

REDUCE1213

ボトルの軽量化。

 

Ginger Db Copy 7 1

ボトルの軽量化=フットプリントの削減。ガラス製ボトルは最大25%軽量化します。レッドラベルとブラックラベルはすでに非常に軽いので除きます。

C4 Red

これからも更なる炭素削減を目指し、最適化と新たなる革新的ソリューションを見つけるべくガラス業界と一緒に探究を続けます。

ジョニーウォーカー
サステナビリティの
取り組みについて

 

ジョニーウォーカー
未来に向けて
様々な取り組み